上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の順位をみる (ブログランキングに参加していますので1クリックお願いします)
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
富士吉田うどん まるなが
超極太うどんです。


本日の順位をみる (ブログランキングに参加していますので1クリックお願いします)

富士吉田うどん まるなが
肉ねぎつけ

富士吉田うどん まるなが
すげー。

富士吉田うどん まるなが
うどんにしてはかなり濃い目の味付けです!

富士吉田うどん まるなが
こちらは同行者の肉天ぷらうどん。

本日19時頃、戸越銀座の「富士吉田うどん まるなが」へ訪問しました。
普段あまりうどんって食べないのですが、
ここはちょっと特別なようなので訪問することとなりました。

まず店外で食券を購入し、助手さんへ渡す。
というな流れで、10分かからないうちに注文したメニューが完成。
かなり手際が良いのでしょう。

食べた第一印象は「硬っ!!太っ!!」って感じ。
かなりの極太うどんで今まで食べたことのない未知の食感でした。
ラーメンの麺とはまた違ってこれはこれで美味い。

つけだれもかなり濃い目の味付けなので
普段食べるうどんよりも少しラーメンっぽい要素があるような印象でした。
量が多くて値段も安いので二郎好きの人にはおすすめですね。

ということで本日の気になる点数は
10点満点中6.5点!
※あくまで個人的な感想です。

■富士吉田うどん まるなが
住所  :品川区荏原1?22?4
定休日 :日曜日
営業時間:[月・火・木?土] 11:30?14:15 18:00?23:00
[水] 11:30?14:15

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2008/01/26(土) 22:48:38|
  2. 【番外編 麺類】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<角萬 竜泉店 | ホーム | 中華そば ふくもり 1月19日>>

コメント

毎度お世話になっています。
こんな二郎インスパイア系のうどん屋さんがあるんですね!
うどんの具にキャベツって、よく考えるとないかな~と思いますが、ラーメンで見慣れているせいか違和感ないですね、もはや。(焼きうどんにはキャベツ入っていたりしますね。)
なんかいいですねー。ジャイアンツ愛ならぬ二郎愛を感じますね。
高井戸さんとしては一度は訪れておかねばならぬ場所ですね。
しかし、戸越銀座とは、なかなか行く機会ない場所にありますね~。
まだまだ二郎愛足りないな・・・
  1. 2008/01/28(月) 00:07:26 |
  2. URL |
  3. sisidothecat #.ajctsNQ
  4. [ 編集]

sisidothecatさん
どうもです!

ほんと二郎インスパイア的なうどん屋さんですね(笑)
戸越銀座は今回初めて訪れましたが、
かなり街の雰囲気が良かったです。

店に向かう途中に長い商店街があって、
途中で焼き鳥を食べたり饅頭を食べたりしながら向かいました(笑)
そのおかげで既に少しおなかが膨れた状態で饂飩を食べるはめになりましたよ。。。

  1. 2008/01/28(月) 11:07:07 |
  2. URL |
  3. 高井戸野郎 #-
  4. [ 編集]

山梨県人です、吉田のうどんを二郎と混同しないでください。

茹でキャベツは吉田のうどんのデフォのトッピングで

富士吉田市の認定したうどん屋さんでは当たり前にのっています。
(旗が目印で、旨い店は暖簾も無い民家で営業してます。)

極太で堅く]、讃岐うどんの様に純白でツルツルの喉ごしではありません。

30店舗近く有るのかな?富士吉田市のH.Pにうどんマップも有るはずです。

昼間のみの営業店がほとんどです。

色々書いてすみませんでした。
  1. 2008/02/07(木) 18:39:10 |
  2. URL |
  3. 山梨県人 #-
  4. [ 編集]

山梨県人さん
こんにちは。

吉田うどんの知識がなく、申し訳ありません。
今後機会があればいろいろ勉強したいと思います。
  1. 2008/02/08(金) 14:04:43 |
  2. URL |
  3. 高井戸野郎 #-
  4. [ 編集]

ちょっと一言!!

吉田うどんと言ってもいろいろあります。
元来、吉田(山梨県富士吉田市)には、小麦粉を原産とする農耕文化はなく、そば粉以外、非常に食材、特に米や小麦粉が乏しく主に戦後はいわゆる団子汁(うどん粉を水で溶き団子にして味噌汁などに入れる)がよく家庭では食されていました。
その団子汁のいわば進化系がうどんと言う食べ物に変わったと個人的には考えています。
しょうゆのベースにみそを混ぜ、味を調えるスタイルが多いですが、しょうゆだけのお店もあり、これでなければ吉田うどんではない、という定義はありません。うどんの触感も硬い、柔らかいと様々です。

残念ながらマルナガさんの入り口にある案内板には「富士吉田町」と記されています。
ご主人も直接富士吉田のうどん文化に触れたのではなく、甲府市にある「戸田」を間接的に学んだようです。甲府市には今でこそ20軒近くのうどん屋が出来ましたが、20年前、最初に吉田うどんを意識して開業したのが先程の「戸田」のご主人が学んだ「こだち」です。そういう意味では「吉田うどん」からすればマルナガさんは3世なのですが、一生懸命やられて、これはこれですばらしいと感じています。
一方、書き込みにも在りましたが、「二郎」とこれらのうどんとはまったく別物!
おそらく、「二郎」を食べた人の表現の例えなのでしょう。
是非、吉田うどんを現地に行ってたべてみましょう。300円から手打ちうどんが食べれます。
  1. 2009/08/09(日) 10:41:19 |
  2. URL |
  3. マシーン #l5dTAgKc
  4. [ 編集]

マシーンさん
コメントありがとうございます!

貴重な情報ありがとうございます。
300円くらいで食べれるってすごく良いですね。
こっちにも出来たらいいんですけど。
土地代が絡んで難しいかもしれませんね。

機会があれば是非食べてみます!
  1. 2009/08/10(月) 00:27:59 |
  2. URL |
  3. 高井戸野郎 #-
  4. [ 編集]

ちょっと一言!!さまへ

正確には、
「吉田のうどん」
「富士吉田市」
ですので、あしからず。
  1. 2010/03/27(土) 17:18:54 |
  2. URL |
  3. 地元人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jirouchudoku.blog66.fc2.com/tb.php/142-1401065e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

高井戸野郎

Author:高井戸野郎
二郎や二郎系の写真を
掲載していきます。

※コメントとトラックバックを承認制にしております。ご了承下さい。

takaidoyarou@mail.goo.ne.jp
メールアドレスは@を半角にしてください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。